アオリイカ対応のタチウオ仕掛けを作る
フロロカーボンラインの動画を追加:2020年4月30日

タチウオを狙ってアジを泳がせてると、アオリイカが抱きつく事があります。
そんな時はイカに気付かれない様にゆっくりと足元まで寄せてきて、すかさず玉網ですくい取ります。
薄暗いせいもあるのか?
夢中になってアジを食べてるイカは、足元まで寄せてきても中々アジを放そうとしないので、玉網ですくい取ることができます。
でも、上手くすくい獲れるのは非常にレアなケースです。
タチウオ釣りの最中でも、せっかくイカが抱きついてくれたのだから、確実に取り込みたいモノです。
そこで考えたのが、イカにもタチウオにも対応できる仕掛けです。
タチウオのワイヤーは有るので、イカを掛ける傘鉤を探しました。
「傘鉤」をGoogle検索しても使えそうな品が見つかりません。
Googleで「傘鉤」を画像検索する時は、「痛~い」画像が出てくるので気をつけて下さいね。
しかし、行きつけの釣具店に行ってみたら、すぐに見つかりました。ロデオグライダー
「マルフジ」と言うメーカーさんから発売されてる「ロデオグライダー」と言う商品です。
傘鉤の反対側に釣り鉤が2本、向かい合わせに取り付けられています。
この2本の鉤をアジの背中に刺して使用する様です。
さっそく買って帰り、作ってみます。
ロデオグライダー(2)
タチウオ釣りで使用してるナイロンコートワイヤー(#43x7)を30cm位カットし、傘鉤の中心に通します。
アオリイカ対応の仕掛け(2)
反対側から出てきたワイヤーの先端を固結びして抜けない様に固定します。
10cm~12cm位の箇所にカン付釣り鉤を通して輪っかを作り、ステンレスクリップで留めます。
ワイヤーの反対側の先端は、輪を作ってクリップで圧着します。
アオリイカ対応の仕掛け(1)
完成した仕掛けを魚に取り付けたイメージです。
赤い部分がステンレスクリップの圧着箇所です。
上の画像は全体を写すためにワイヤーを巻いて撮影してます。
全体図は下の画像のとおり。
アオリイカ対応の仕掛け(3)
この仕掛けだと、タチウオ釣り用の活きアジにアオリイカが抱きついてきても大丈夫です。(実績有り)
アオリイカのアジ泳がせ釣りタックル(DAIWA_投げ竿仕様)670pix
それから、この仕掛けとは別に、ワイヤーの代わりにフロロカーボンラインを使用した、この仕掛けのベースになったアオリイカ専用仕掛けの作り方を動画にしたので貼っときます。
Release Date April 18,2020