2019年8月31日(土)

ここのところ、ズーッと日本海で釣りしてたので瀬戸内海が恋しくなり、柳井市のあの漁港へ行く事にしました。
今回の釣りモノは、ウキフカセ仕掛けで釣る黒鯛です。
この時期なのでサイズは期待できませんが、そこそこ楽しめる位は釣れるんじゃ無いでしょうか。
そう思ってやって来た海を眺めてると、イワシの群れが接岸してるらしく、海の中が何やら騒がしい雰囲気です。
「まぁ、黒鯛ダメでもイワシのお土産でお茶を濁せば良いか・・・・。」
いつもの通り、オキアミを刺し餌にして放り込むとコッパグレが喰ってきます。
餌取でイワシが釣れたら、泳がせ釣りしても面白そうです。
でも、ここはウミウが彷徨いてるので、ウミウが喰って来ると悲惨な事になりそうです。
昔、ウミウを釣ってエラい事になってる釣り人をこの漁港で見ましたよ。
凧上げしてるみたいに成ってました。
オキアミだと持たないので、護岸にくっついてる牡蠣を剥がして、殻ごと刺し餌にしてみます。
微妙なアタリの後、アワセを入れたら結構な抵抗をしましたが、フグの姿が見えた瞬間に、鈎と共にハリスが噛み切られました。
牡蠣でもグゥフゥなので、サナギの練り餌に戻して釣りを続けます。
僕的には黄色い練り餌が好きなんですが、持ってくるのを忘れたので、今日は茶色いサナギの練り餌に頼るしか有りません。
9時半の満潮潮止まりに向かって、段々と潮位が上がってきた頃、ウキが入って1匹目の黒鯛がヒットしました。
釣果(1)670
ストリンガーに繋いだ1匹目の元気を気にしてたら、2匹目の黒鯛がラインを引っ張ります。
慌ててアワセを入れて、上げてみると33cmの黒鯛でした。釣果(2)670
このサイズが集まってきてるのでしょうか。
今が時合いです。
続けてチョットサイズダウンしたモノの28cmの黒鯛が続けてヒットします。
釣果(3)670
今日は「ツ抜け」もいけるんじゃ無いの・・・などと調子こいてるとロクな事が無いので、謙虚な気持ちで続けます。
潮の流れが左から右に変わった頃に4匹目の黒鯛がヒットします。
釣果(4)670
元気の良い37cmでした。
相変わらずイワシの群れが泳ぎまくってる中、直ぐに5匹目の黒鯛がヒットします。
釣果(5)670
38cmのコイツが今日イチバンの大物でした。
この時期この辺りでは、数が出てもサイズは期待できませんね。
その後、しばらくアタリが遠のきますが、撒き餌が無くなりそうに成った頃、6匹目の黒鯛がヒット。
釣果(6)670
最後の黒鯛は31cmでした。
まぁ、暑くも無く適当に風もあって、久し振りに気持ちの良い釣りが出来ました。
チョット長いですが、動画も貼っときます。