2019年9月14日(土)

先々週の釣果が良かったので、一週間おいて同じ潮を釣ってやろうと、同じ漁港へ行ってみました。
ただ先々週と違うのは、同じ大潮でも、今週は満月(中秋の名月の明け)だと言う事くらいです。
「名月を拝んで釣果を予想する」と、悪い釣果な訳が無い。
でも、満月は花札では「ボウヅ」と言いますが・・・・やな感じ・・・・。
午前5時に到着して、準備してるうちに夜が明けます。
天候は晴、最低気温24℃、最高気温29℃、東北東の風1~3m。
さっそくオキアミで始めますが、グゥフゥが喰ってきます。
直ぐに練り餌に変更してみますが、グゥフゥが囓ってきます。
まぁ、しばらくは辛抱だ・・・そのうち黒鯛が寄ってくれば、グゥフゥは大人しくなる。
しばらく辛抱の釣りをしていたら、ラインが張ったのでガツン!とアワセると、久し振りに引く!引く!黒鯛にしてはエラい力が強いので、「何だろ・・・?」と思いながら寄せてくると足元に来ても、引く!引く!
34cmのアイゴでした。
釣果01_670
「これでグゥフゥも大人しくなるんじゃ無いの・・・。」何て思ってましたが、この後もグゥフゥの勢いは止まる事を知りません。
それでも「いつかは黒鯛が来る」と信じて投げ続けますが、サバの大群が港内を回り始めました。
道糸にサバが当たって、本命のアタリが解りません。
「コイツら泳がせで、何か釣れんかなぁ・・・」と、サバの泳がせ釣りを考えましたが、ウミウがサバを追いかけてるみたいなので止めときました。
何年か前に、ここでイワシを泳がせて青物狙ってる人が居て、その人のイワシをウミウが喰ってしまい、ウミウが釣れて、まるで凧揚げしてるみたいに大騒ぎしてるのを見た事があるからです。
辛抱してたのですが、もう限界「移動しようかな・・・」と思ってたら「バシッ」と、ラインが張りました。
アワセを入れたら、そんなに強くないけど黒鯛らしき引きで応えてくれます。
そんなに大きくなかったけど、嬉しい31cmの黒鯛でした。
釣果02_670
やっと黒鯛が寄ってきたかと期待したのですが、この後もクサフグの嵐が止む事も無く午前11時、空しく納竿です。
動画もどうぞ。