2019年11月30日(土)

この日は、今年最後の秋イカ・エギング釣行。
天候は晴れ、最低気温は11℃、最高気温は19℃、北東の風4m程度。
午前4時半の干潮から午前11時半の満潮までの上げ潮を釣ります。
日出前に現地について常夜灯の元で釣りを始めますが、北東の風が思いのほか強い・・・。
風に背を向けて投げるが、強風にラインが取られてエギがスムースに沈んでゆかない。
しばらく辛抱するが、風裏になる南向きの漁港へ移動した。
ここでは、小さなアオリイカがエギを追って来るが、触るまでには至らない。
これまで3号のエギを使用していたのだが、2.5号の小さいエギに交換してみる。
8時過ぎに松山空港発・伊丹行きの全日空機が頭上を通過する。
よほどスレてるのか、2.5号のエギでも、追って来るけど乗ってこない。
諦めて3号に戻し、スーパーシャローのエギでゆっくり沈めて、イカが抱きついて来るまでの時間を稼ぐ様に変更する。
効果があったのか、替えた1投目。
シャクりを入れる前に、アオリイカがエギを持って行った。
遠くなんで重いが、小型アオリイカの小気味良い引きが伝わってくる。
足元まで寄せてみると、触腕二本がカサバリに掛かってる。
久々のイカでバラしたくないから、小さいけど玉網で掬った。
釣果(1)670pix
胴長15cmの雄イカでした。
その後、追いかけて来る事も無くなり、この漁港を離れた。
大島大橋まで心当たりの漁港やポイントを回りますが、釣果無し・・・。
秋イカって春イカよりも難しい・・・。
12月からは冬イカですかね・・・。