2020年12月5日(土)

今回は以前、雨でズブ濡れになりながらも20cmクラスの黒鯛2匹に泣いた、アノ漁港へ行ってみました。
前々回の釣行では、同じ漁港でも違ったポイントで49cmの黒鯛を釣りましたが、同じ漁港なんでポイントが違ってもきっと黒鯛は釣れるはずです。
周防大島へ渡る時になって、クーラを積んでないことに気が付きます。
ストリンガーも無かったので、釣れたらバケツに海水を入れて活かしとくしかありません。
クーラーの中には刺し餌と保冷用の氷を入れており、竿受けを取り付ける座金が付いています。
刺し餌は橋を渡って直ぐの釣具店で買えば良いし、保冷用の氷はお土産にする魚が釣れてから買えば良いのですが、竿受けを取り付けるモノがありません。
結果、この日は終日、ロッドを持ったままウロウロしてました。
2020年12月05日_潮汐表(釣果記入無し)670
さて、潮回りは中潮で13時頃に満潮を迎える上げ潮を午前8時半ころから釣り始めました。
開始早々、チッチャなメバルが、オキアミの刺し餌を喰ってきます。
その後もコッパグレ、クサフグ、イソベラと「ザ・エサトリ」が、入れ食い状態で上がってきます。
エサトリを躱すため練り餌を投げますが、クサフグが鈎ごと持って行きます。
風も無く長閑な時間が過ぎていきますが、黒鯛らしきアタリすらありません。
そろそろ撒き餌が尽き様とする頃、クサフグらしき微かなアタリに軽く合わせを入れますが、根に入られてバラします。
長時間、何の気配も無かったので、気が抜けていました。
わずか数投分の撒き餌を残すのみですが、気を取り直して練り餌を投げます。
ふと・・・時間を見ると1時半を回っていました。
「ああ・・帰ろうか・・・なぁ。」
そんな弱音が脳裏を過ぎった頃、練り餌の重さで沈んでいたウキが、更に徐々に沈みはじめます。
クサフグが囓ってる場合も有るので、しばらくアワセを入れるのを待ちます。
「ウキが走らない・・・もうチョット待つんだ。」
「・・・・。」
「えぇい・・・いってまえ!」
辛抱たまらずアワセを入れてしまいました。
先刻の魚と同じく、足元の根に向かって泳ぎます。
ここで根に入られたら学習能力を問われます。
右肘の痛みをこらえて魚を止めます。
やがて、浮いてきた黒鯛は36cmでした。
釣果(1)670
この日は完全にホゲッタと観念してたので、最高に嬉しい1匹でした。
「今頃になって、やる気のある黒鯛が集まってきたんじゃないの・・。」
とりあえず海水を汲んだバケツに放り込んで、2匹目を狙います。
10分も経たないうちに、沈んでたウキが見えなくなります。
ガツンとアワセると、更に強い力で引いてきました。
2匹目の黒鯛は39.5cmでした。
釣果(2)670
この黒鯛の後、撒き餌が尽きて強制終了です。
2020年12月05日_潮汐表(釣果記入有り)670
諦めずにやって良かったね。
動画も貼っときます。